経営している飲食店の売上を上げよう【そのコツを教えます】

仕入れコストを削減する

国旗

利用方法

中国輸入代行サービスで中国から商品を輸入して、オンラインショップで販売したいと考えている方も多いのではないでしょうか。中国は物価が安く商品の仕入先には打ってつけです。商品の仕入れコストを大いに削減できます。中国から商品を輸入するときに便利なのが中国輸入代行サービスです。中国輸入代行サービスは手数料を支払うことで商品の購入から配送までを代行してくれます。ですので、日本への配送に対応していない店舗からも商品の輸入ができるようになります。さらに、オンライン上ですべての手続きをすることが可能です。中国輸入代行サービスを利用するときの流れは業者によって違いはありますが、概ね以下のような流れになります。まず、中国から輸入したい商品がある場合、どこで販売されている何という商品なのかを記憶しておきます。そして、中国輸入代行業者のサイトを訪れ、オーダーシートをダウンロードします。商品名や数量など必要な事項を記入を済ませ業者にメールで送信です。すると、注文を受けた代行業者のスタッフが店舗側に在庫の確認をし、値引き交渉をしてはじき出したから見積もり金額が返信されてきます。このときに返品はできるのか、到着まで何日かかるかなど気になることは確認し、要望がある場合は伝えておくと良いでしょう。この金額に納得がいけば、代行業者に手数料と代金を支払い商品の購入です。支払いは業者によってクレジットカード払い、銀行振込など違いがあります。この後、代行業者が実際に商品を買い付けて、現地の倉庫で数量や外観など検品作業をします。検品作業はオプションで洋服の場合は縫製確認、ロゴマークやタグの有無等、家電製品なら動作確認などを追加可能です。検品作業が済むと配送という運びになります。