経営している飲食店の売上を上げよう【そのコツを教えます】

売上管理を容易にする

レジ

飲食業の売上管理を簡単に

posレジとは、販売時点情報管理システムを搭載したレジのことです。このレジが優れているのは、商品が販売された時点で売上の情報が管理できるため、締めの集計などを行わなくても、「いつの時点で」、「どの商品が」、「どれだけ」売れたのかをリアルタイムに把握できる点です。その利便性から小売業をはじめ、飲食業などの分野に幅広く利用されています。そのposレジは現在、大きく2つの形態に分かれています。一つは従来型のposレジで、もう一つはタブレット端末を利用したposレジです。タブレット端末を利用したposレジのメリットは、初期費用と価格が低く抑えられるという点です。ですが、機能がシンプルに抑えられていることが多く、必要に応じて追加の費用・価格を投じてアプリやソフトを追加しなければならないことがあります。またサポート体制に若干の不安を残します。一方、従来型のメリットは、高機能と充実したサポート体制にあります。また、最近では、タブレット端末を利用したposレジと従来型のposレジのハイブリッド型も登場しました。ハイブリッド型は、初期費用と価格を適度に抑えつつ、それぞれの業種に必要な機能をオールインワンで導入できるため、「タブレット端末型では物足りない、でも高機能な従来型までは必要ない」という飲食店業を中心とした層で人気を得ています。リースやレンタルを行なっている専門の業者もあるので、導入する際には、これらの会社の利用することで導入価格を抑える事が可能なので、検討してみましょう。